愛車を売却するときに気をつけたほうがよい

愛車を売却するときに気をつけたほうがよい

愛車を売却するときに気をつけたほうがよいのが、メール、もしくはインターネットで査定された金額でしょう。

この車の価格が決まるときのありがちなトラブルの引き金です。この価格で了承して業者に頼んで来てもらって、見積もりをしてもらったら、傷やあてた跡があることからネットの査定額よりも少なくなってしまいがちです。ですから、現地で査定してもらう場合も何ヶ所かの業者を選ぶのがいいでしょう。改造車は買取であまり良い評価を受けません。

いわゆる大手の買取店の場合、装備品がメーカーやディーラーの純正品であれば査定で有利になります。

サンルーフや純正ナビ(マルチ)、革シートなどは一般的に需要があるので査定で高く評価されますが、一方、車高の調整や社外エアロ、社外アルミについては車の価値を上げるものとはなりません。買取対象がスポーツカーというケースでは、買取額の点では確実に専門店が良いでしょう。中古車の買取を頼む際、その時期や依頼する業者により数十万円の価格差がついてしまうこともあります。いつも車内の手入れや傷、凹みが付かないように心掛けることももちろんですが、より高く買取してもらうノウハウは、いくつかの買取業者に依頼し、その価格を比較してみることです。軽を代表する自動車として有名なスズキのワゴンRは、軽自動車のマイナスポイントとされていた室内空間の窮屈さを一新しているのが特性です。

ワゴンRは、可愛さを求めるだけでなく男性にも支持される軽自動車を目指し、圧迫される感覚が軽減され、眺めも良くなっています。車の査定額は天気によって変わります。

よく晴れた日、丁寧に洗車した車を持っていくと外観も美しくみえますし、車を愛していることがわかるため、査定額が上がると思います。その反対に雨の時は、細かな傷のチェックなどができず、査定を行う人が注意深くなって、最低価格をつけられることもあります。

以上のことから、車査定は天気のよい日の方が有利になります。

車検切れの車は査定を申し込めるかどうかですがもちろん、査定は受けられるのですが、しかし車検切れの車は公道走行不可ですから、持ち込みでなく出張査定を頼むことになります。では車検を通してから査定をと考えるかもしれませんが、そうするより、車検切れのまま売ってしまう方が車検に使うお金が無駄になりませんし、ここは迷わず出張査定を受けるべきでしょう。

こういったケースにおいても単独の業者に依頼せず複数のところから査定を受けますと手間かもしれませんが得になります。今日では車の買い換えをする際、買い取り業者に査定を依頼し、車を売却することも一般的になってきました。

ところで一つ気にしておきたいことがあり、査定を受ける際に、故意に事故歴や修理歴を伝えなかったらどうなるか、です。

売買契約時に店と契約書を交わします。

そこに記載されている買取査定規約を見てみると、事故歴については、わかっている場合にはそれを申告する義務があるとされています。

これにより、事故歴や修復歴をあえて隠していた、申告していなかった、という場合には、売買契約成立後、それどころか買い取り後でも業者側からの事後減額要求が可能とされており、くれぐれも事故歴の申告を怠ってはいけません。

スリップサインが見え始めたような使い込まれたタイヤでも、わざわざ査定の前にタイヤを新しくする必要はありません。もともとタイヤというのは消耗品と考えるのが普通ですし、買取業者側がいまどき風のタイヤに付け替えることが一般的ですから、交換した甲斐がありません。タイヤは交換が容易な消耗品ですから、車全体の査定額に及ぼすマイナスはあっても極めて少ないです。手持ちのタイヤを自分で交換するなら構わないですが、実際にそれで査定額アップは期待できないですから、掃除するだけに留めるほうが無難です。買取市場で高い価値が見込まれる車といえばまずは軽自動車が挙げられます。

「安さ優先で、日常の足となる車が欲しいというお客様に売れる」「お客さんに貸し出す代車としても使える」と中古車買取業者が言っているのを聞いたことがあります。最近は、軽自動車といっても車体の大きいものが増えてきたので、家族連れからの需要も意外とあるようです。軽自動車は燃料費や税金の負担が軽く、よく売れているため、買取査定で有利なのも頷けますね。

買取契約後にやっぱりキャンセルしたいという場合、契約から日が経っていなければ、無料で解除してくれるところが多いと思います。

ただし、名義変更やオークション登録などの手続きが進む前、まだ次の買い取り手が付いていないなど、いくつか条件が揃わないとキャンセルはできないので、キャンセルが利く期間や条件を事前に必ず確認しておくようにしましょう。

契約後にキャンセルを申し出るのはトラブルの元なので、よく考えてから契約することをお勧めします。

Comments are closed.